粉ミルク 水

粉ミルクの水 徹底ガイド

粉ミルクに使う水について気をつけたいポイントや、ミネラルや硬度など、知ってるようで知らない事を解説

粉ミルク 水 Top

粉ミルクの水について考えましょう!

妊婦 イメージ初産の場合、自分が母乳が出るか否かは、出産するまで分かりませんよね?私の場合もそうでした。産んでから徐々に母乳が出始めて、1ヶ月半頃には母乳100%になりましたが、それまでは粉ミルクと母乳を併用していました。人によっては、産んですぐ母乳がいっぱい出る方も居るし、こればっかりは本当に分からない点です。

家の場合、旦那と相談して、一通りは粉ミルクをあげられるように、哺乳瓶、粉ミルク、哺乳瓶を洗浄する道具一式などを生れる前に買いそろえてました。でも、粉ミルクに使う水に関しては全く何も考えていなくて、退院する直前に、慌てて水 宅配サービスを頼みました。届くまでは、ペットボトルの水を買って、沸かして使ってました。

粉ミルクの水は、市販の硬水よりのミネラルウォーターは使わないで!

マグネシウムの量の少ない水を選んであげましょう!

クリスタルガイザー 成分表ミネラル分の少ない軟水を選ぶんですが、中でもマグネシウムの量に気をつけましょう。この画像は、クリスタルガイザーの栄養成分表です。ちなみに100ml当たりですから、ボトル1本分だと6.5倍の量になる計算です。ですから、1本あたり3.51mgのマグネシウムが入っています。

硬度はカルシウムとマグネシウムの含有量に、それぞれ係数を掛けて合計した数値です。クリスタルガイザーの場合、38mg/Lの軟水です。水道水の場合、全国で差はありますが、概ね20mg/L~70mg/L程度の軟水として、家庭に提供されています。

粉ミルクは水道水で溶かすことで、栄養素がバランス良くなるように設計されているので、間違っても硬水は選んではいけません。

なにを選んだらいいか分からなかったら、赤ちゃん用の水がおすすめ!

スマイルベビー水マグネシウムは、多すぎると赤ちゃんの体に負担になってしまいます。粉ミルク100%、母乳と粉ミルク併用、いずれの場合も、乳児の消化・吸収の力は発達途中で、まだまだ未熟です。赤ちゃん用と書かれている水は、このマグネシウムの量に気を付けられています。

右の写真の、スマイルベビー水の場合、マグネシウムの量が、1Lあたり0.04mgと微量です。人工的に作られた水ではなく、島根県浜田市金城町の水源の水を、非加熱処理で自然のままボトリングされてる水です。

詳しくはこちら>>>スマイルベビー水

粉ミルクに限らず、情報が多すぎて悩むママたち

哺乳瓶の消毒インターネットの功罪と言いますか、粉ミルクに限らず育児に関するノウハウは巷に溢れています。哺乳瓶の消毒一つとっても、→このように消毒液に漬けるタイプと、煮沸消毒、電子レンジで消毒する方法もあります。どれも一長一短有って、最終的に決めるのは自分です。特に第一子だと、良いのか悪いのかも分からず、一つ一つの事柄で悩みは深まるばかりだと思います。

粉ミルク、哺乳瓶、紙おむつ、布おむつ、沐浴のさせ方、寝かせ方、衣類、布団、ありとあらゆることが始めてで、悩んでしまうのも無理はありません。そういう時は、ネットで調べるのをそこそこにして、サクッと決めてしまう。決めたらもう調べない。どうでしょうね。

粉ミルク 水